シャンプーの選び方と洗い方

【シャンプーにも注意が必要です。】

今は、どんなシャンプー剤を使ってますか?
市販のシャンプー剤によっては、
かえって髪にダメージを与えてしまう場合もあるのです。

市販のシャンプー剤は、
石油合成系の界面活性剤を含んでいるものが大半です。
シャンプーをきちんと洗い流したつもりでも、
微量の液剤が残っていれば、
皮膚に浸透して頭皮に悪影響を及ぼしかねないのです。
特に、界面活性剤は浸透性が高く、
毛母細胞にダメージを与える可能性が
大いにありますのでご注意を!



【どんなシャンプーがいいの?】

髪に優しいシャンプー選びのポイントは2つです。

1.天然成分であること
 石油合成系の界面活性剤では髪にダメージを与えやすいので、
 天然成分配合のものを選びましょう。

2.弱酸性であること
 よくCMで言われているように、皮膚は弱酸性です。
 すなわち弱酸性のシャンプーを選べば頭皮の負担も少ないのです。
 「しかしでもシャンプーを選ぶ時って種類が多くて迷うなぁ…」
 という方には、リーブ21のシャンプーがお勧めです。
 ローマカミツレエキス、ゴボウエキス、
 ローズマリーエキス、マツエキス等の天然成分のシャンプー剤があります。



【どんな洗い方をすればいいの?】

髪にやさしい洗い方のポイントは3つです。

1.シャンプー剤を手のひらに取り両手でよく泡立てます。
 髪にシャンプー剤を直接つけると地肌によくありません。

2.泡立てたら髪につけ地肌をやさしくマッサージするように洗います。
 この時、地肌を痛めてしまいますので爪を立てないようしてください。

3.たっぷりとお湯をかけてすすいでください。
 すすぎが不十分だと頭皮に悪いです。時間をかけて洗い流しましょう。



シャンプー後にリンスをする方も多いでしょうが、
リンスは髪に膜を張り外部の刺激から保護するものです。


頭皮にふりかけてゴシゴシ擦り込むと、
頭皮にも膜を張ってしまい育毛剤などの吸収を妨げます。


リンスは髪になじませるように使用してください。
シャンプーは毎日することなので、
注意して髪に優しい洗髪を心掛けましょう。


スポンサード リンク